皆既月食2018年1月31日はブルームーンなのに赤い理由とは?

2018年1月31日に起こる皆既月食。

これはブルームーンだと言われています。

でも、名前に反して、この皆既月食は赤いのです。赤銅色。

ブルームーンなのに赤い理由とはなんでしょうか?

そこで、今回は、

皆既月食2018年1月31日はブルームーンなのに赤い理由とは?について紹介したいと思います。

スポンサードリンク


皆既月食とは?

皆既月食2018年1月31日はブルームーンなのに赤い理由とは?

2018年1月31日に皆既月食を見ることができます。

でも、皆既月食とは、いったいどういう現象のことをいうのでしょうか?

皆既月食とは、

太陽ー地球ー月の順に並んでいる時に、

太陽から地球に当たった光の影が、月にかかることによって、

月が欠けてみえる現象のことです。

日食と違って、月が見える場所ならば、どこからでも同時に見ることができます。

色は、赤っぽいレンガのような赤銅色です。

皆既月食が赤い理由は?

*ブルームーンなのに赤い理由は、ブログの最後で解説しています。

ここでは、皆既月食が赤い理由についてを解説しています。

皆既月食が赤い理由は、夕焼けが赤い理由と同じです。

太陽が沈んで地球に隠れたあと、西の空が、太陽の光に照らされて赤くなります。

これと同じように、

皆既月食で、地球の影に隠れた月は、

地球の夕焼けを浴びて、月が赤く見えているのです。

 

皆既月食が観測できるのは何時?

皆既月食2018年1月31日はブルームーンなのに赤い理由とは?

2018年1月31日に観測できる皆既月食は、とても条件が良いと言われています。

それは、日本全国で、皆既月食の開始から終わりまでを見ることができるからです。

では、皆既月食が観測できる時間は何時でしょうか?

 

皆既月食の時刻

月の欠け始め:2018年1月31日 20時48分

完全に欠ける(皆既食):2018年1月31日 21時51分

完全に欠けた状態は、1時間17分続きます。

輝きが戻り始める:2018年1月31日 23時8分

丸い形に戻る:2018年2月1日 0時12分

ブルームーンなのに赤い理由は?

皆既月食2018年1月31日はブルームーンなのに赤い理由とは?

2018年1月31日に起こる皆既月食はブルームーンだと言われています。

でも、皆既月食って、色は赤いんです。

では、なぜ赤いのに、ブルームーンといわれるのでしょうか?

ブルームーンの意味

皆既月食2018年1月31日はブルームーンなのに赤い理由とは?

実は、ブルームーンとは、青い月を意味するのではないんです。

ブルームーンとは、

ひと月のうちに、満月が2回ある現象のことを言います。

2018年1月は、2日も満月だったため、31日は、2回目の満月ということで、

ブルームーンというわけです。

 

スポンサードリンク


つまり、

2018年1月31日の皆既月食は、赤いブルームーンというわけですね♪

 

ちなみに、ブルームーンは数年に1回くらいしか通常起こらないのですが、

2018年は、1月31日以外にも3月31日にブルームーンとなるようです。

まとめ

 

今回は、2018年1月31日の皆既月食はブルームーンなのに赤い理由は?について紹介しました♪

ブルームーンは青い月という意味ではなく、

ひと月に満月が2回あることを意味していました。

実際に青くみえるのは、とてもまれなことから、ヨーロッパでは

とても珍しいことを表す表現として「Once in a blue moon」という言葉があるようです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA