不能犯(映画)のネタバレと結末は?

スポンサードリンク


人気漫画を映画化した不能犯

主演の松坂桃李さんの演技が素晴らしいと評判で人気でした。

 

どんな話なのか気になりますよね。

 

ペンギン君
そこで、 不能犯(映画)のあらすじやネタバレと結末をご紹介します。

ネタバレを呼んだ後でも、映画の迫力は感じられますし、

ネタバレと結末を避けてあらすじだけ見て、あとで動画で見るのもおすすめです♪

【関連記事:不能犯(映画)のフル動画を無料視聴する方法はここをクリック

スポンサーリンク


不能犯(映画)のあらすじ

不能犯(映画)のネタバレと結末は?

 

都会で次々と起きる変死事件。

証拠が出てこないような状況で、

唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男でした。

その男こそが松坂桃李さん演じる宇相吹正です。

 

彼は、とある電話ボックスに殺人の依頼を残しておくと

ターゲットを殺してくれるとSNSで噂の男でした。

宇相吹正の犯行はすべて不能犯という立件不可能な犯罪だったんです。

 

そんな中、沢尻エリカさん演じる多田友子と

新田真剣佑さん演じる部下の百々瀬麻雄は

宇相吹正の犯行を阻止するために動き出すのでした。

 

【関連記事:不能犯(映画)のフル動画を無料視聴する方法はここをクリック

スポンサーリンク


不能犯(映画)のネタバレと結末

不能犯(映画)のネタバレと結末は?

 

不能犯(映画)の

ネタバレと結末についてご紹介します。

うさぎさん
「映画を見る前にネタバレしたくない!」 という方は、不能犯(映画)の感想を見てもらうほうがいいかもしれません。

 

感想のほうは、ネタバレや結末について

はっきりとは書いていないので

感想は見ておきたいという人にも見てもらって大丈夫です。

 

ですが、ネタバレと結末を見た後でも

松坂桃李さんの迫真の演技やシリアスなストーリー展開は

映画で十分感じられると思います。

 

ネタバレと結末を見てから

不能犯(映画)の映像で見るというのも

ひとつの楽しみ方かもしれませんね。

【関連記事:不能犯(映画)のフル動画を無料視聴する方法はここをクリック

 

【不能犯(映画)のネタバレと結末】

 

不能犯(映画)は、

宇相吹正の巻き起こす5つの犯罪を

多田友子と百々瀬麻雄が追っていく形で進行します。

 

その中のひとつの犯罪で映画は結末を迎えます。

 

ある日、多田友子の後輩の百々瀬麻雄が

連続爆弾事件に巻き込まれて瀕死の重傷を負ってしまいます。

 

多田友子が百々瀬麻雄の病室にお見舞いに言った時、

昔多田友子が更生させ今は和食店で働いているタケルが

お弁当の差し入れを持ってきてくれました。

なんとそれを食べた多田友子は気を失ってしまいます。

 

目が覚めると、そこは病院内の改装中のフロアです。

目の前にはタケルの姿と爆弾のスイッチが。

 

連続爆弾事件の犯人はタケルで

多田友子の絶望する表情を見たいがために

ずっと更生したふりをして時期を見計らっていたというのです。

そのために多田友子が食べたお弁当の中に

睡眠薬を入れていました。

 

タケルは百々瀬麻雄の病室と、

近くの幼稚園に爆弾を仕掛けたので

どちらかひとつのスイッチを押すよう多田友子に迫りますが

そこへ宇相吹正が現れます!

 

タケルは包丁を取りだし、宇相吹正に襲いかかります。

宇相吹正はタケルにマインドコントロールを

かけて殺そうとしますが、

タケルに生きて罪を償わせたい多田友子は

落ちていた包丁で宇相吹正を刺してしまいます。

 

タケルに手錠をかけると、

多田友子は、百々瀬麻雄の病室から

爆弾装置を見つけ出して急いで屋上へ。

 

ですがタケルが手錠をつけたまま逃走し

病院内の公衆電話を使って爆弾を起動してしまいます。

タケルが最初に爆発したのは

百々瀬麻雄の病室に仕掛けた爆弾でしたが

多田友子が屋上に運び終えていたため、犠牲者を出さずに済みました。

 

次にタケルは幼稚園に仕掛けた爆弾を起動させようとします。

するとタケルの目の前にふたたび宇相吹正が現れ、

マインドコントロールをかけます。

マインドコントロールをかけられたタケルには

自分足元に爆弾装置が置いてあるように見え、

それが爆発してタケルは爆死してしまいます。

 

実は、タケルを殺害するよう宇相吹正に依頼した人物いたんです。

それはタケルの働いている和食店の先輩でした。

 

そして事件から数カ月後が経ちます。

宇相吹正と再会した多田友子は

「私は希望をあきらめない。希望であんたを殺す!」

と言いますが宇相吹正は

「愚かだね、人間は」と言って去って行くのでした。

 

ペンギン君
これが不能犯(映画)のネタバレと結末です。

 

宇相吹正の本当の狙いとは何なのか、

こんな人間になってしまったのはどうしてなのかと

疑問も残りますが、

原作の漫画も完結していませんし、はっきりと描かれていません。

スポンサーリンク


不能犯(映画)の感想

不能犯(映画)のネタバレと結末は?

 

不能犯(映画)の感想ですが、

感想にはネタバレを含んでいません。

 

殺害される相手は宇相吹正の

マインドコントロールで思い込みをして

死んでしまいますが、

依頼主も間違った思い込みをして

自滅してしまうパターンがあり、

思い込みって怖いなと感じる映画です。

 

 

かなり残酷な描写もあるので

怖いと感じる人もいるかもしません。

 

まとめ

 

不能犯(映画) のネタバレや結末をご紹介しました!

ハラハラする展開で、

漫画とはまた違った楽しさがあると思います。

【関連記事:不能犯(映画)のフル動画を無料視聴する方法はここをクリック

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA