北斎とジャポニズム展の割引方法!世界一受けたい授業で紹介

SPONSORED


北斎とジャポニズム展は、西洋の画家たちの間に生まれたジャポニズム現象を読み解く世界初の試みの展覧会です。
葛飾北斎は、西洋の名だたる絵画の巨匠に影響を与えました。そしてジャポニズムをつくるきっかけとなりました。

2017年11月11日放送の「世界一受けたい授業」で、葛飾北斎の魅力  について、

アイルランド出身のピーター・J・マクミラン 先生が講義しました!

スポンサーリンク



葛飾 北斎とは

江戸時代後期の浮世絵師で世界的にも著名な画家です。

生没年は、宝暦10年9月23日? ~ 嘉永2年4月18日

西暦で言うと、

1760年10月31日?~1849年5月10日

政文化を代表する一人です。

「富嶽三十六景」「北斎漫画」などが有名です。

 

世界一受けたい授業で紹介

「世界一受けたい授業」では

世界に衝撃を与えた日本人として、葛飾北斎を特集しました。

Q. 葛飾北斎とくりぃむしちゅーの共通点は?

改名

北斎は画家としての名前を30回以上変えました。くりぃむしちゅーもコンビ名を海砂利水魚から改名しましたよね。

当時は弟子に名前を売る習慣があったのだとか。北斎は金遣いが荒く、常に金欠だったため、30回以上も名前を売ったようです。

Q. 北斎は90歳で亡くなるまでに93回もあることをしました。あることとは?

引っ越し

引っ越しばかりしていたので、江戸時代の有名人を載せる本には

「居所不定」と書かれていたのだとか。

 

Q. 葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」の意外な事実は?

⇒実は36枚ではなく46枚

最初の36枚が大変人気だったので、追加で10枚加えたそうです。

 

葛飾北斎とジャポニズム

 

葛飾北斎は、

19世紀後半に西洋の人たちに衝撃を与えた浮世絵師です。

 

モネ・ドガ・セザンヌなど名だたる巨匠たちが、

葛飾北斎の絵と出会い、そして日本独自の表現方法を取り入れて、

それを自分たちの芸術に組み入れ

ジャポニズムという現象が生まれました。

その、

葛飾北斎が世界に影響を与えたことにクローズアップされた展覧会、

「北斎とジャポニズム展」

現在、東京・上野にある国立西洋美術館で開かれているようです。

 

北斎とジャポニズム展

日程:

2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日)

 

時間:

9:30~17:30

 

11月18日(土)以外の、

金曜日と土曜日は20:00までです。

 

場所:

国立西洋美術館

 

⇒「怖い絵展のアクセスや混雑状況」の記事はここをクリック

割引で入場する方法

スポンサーリンク



北斎とジャポニズム展に、当日券より安く入場する方法は2通りあります。

まず、その一つ目です。

1つ目

 

それは、相互割引することです。

相互割引している展覧会のチケット(半券でもOK)をもっていると、

「北斎とジャポニズム展」の当日料金の100円引きで見ることができます。

 

当日料金は、

一般1600円
大学生1200円
高校生800円
中学生以下無料

 

上の表の値段から、100円引いた値段となります。

 

相互割引している展覧会のチケットを、

国立西洋美術館のチケット売り場で提示すると割引料金で入場することができます。

相互割引をしている展覧会は次の2つです。

 

✅ 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」

 

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」は、

場所は、東京美術館、

期間は、2017年10月24日(火)~2018年1月8日(月)です。

 

つづいて、相互割引をしている展覧会二つ目です。

 

 

✅ 「めでたい北斎~まるっとまるごと福づくし~」

 

こちらは、開館一周年記念で、

期間は、2017年11月21日(火)~2018年1月21日(日)です。

つづいて2つ目です。

2つ目

北斎とジャポニズム展に割引で入場する方法の二つ目は、

団体割引で入場することです。

団体割引だと、200円引いた値段で入場することができます。

団体は、20名からです。

一般1400円
大学生1000円
高校生600円
中学生以下無料

番外編

 

2018年1月2日(火)~1月8日(月・祝)は、高校生は無料観覧日となります。

ただし、学生証の提示が必要です。

⇒「怖い絵展のチケットをコンビニで買う方法と割引で入場する方法」の記事はここをクリック

時間や距離的に観に行くのが難しいという方は、下のリンク先から購入することができます。

新撰葛飾北斎永寿堂版「冨嶽三十六景」 限定版 [ 葛飾北斎 ]


葛飾北斎 世界を驚かせた浮世絵師 (伝記を読もう) [ 芝田勝茂 ]


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA