井上大仁の東京マラソン2018のラップタイムは?出身中学や高校も

スポンサードリンク

東京マラソン2017に引き続き、2018年も大活躍した井上大仁選手。

東京マラソン2018でのラップタイムは、

どのくらいだったのでしょうか?

大学時代は山梨学院大学に在籍し、

箱根駅伝にも出場していました。

高校時代もいくつもの大学からスカウトを受けていたそうです。

そんな井上大仁選手の出身高校や出身中学はどこだったのでしょうか?

スポンサードリンク


井上大仁のプロフィール

井上大仁の東京マラソン2018のラップタイムは?出身中学や高校も
出典元:三菱日立パワーシステムズマラソン部

名前:井上 大仁 (いのうえ ひろと)

生年月日:1993年1月6日

出身地:長崎県諫早出身

現在は、MHPSに所属

 

井上大仁の東京マラソン2018のラップタイムは?

井上大仁の東京マラソン2018のラップタイムは?出身中学や高校も

井上大仁選手の東京マラソン2018の結果は、

設楽悠太選手に次いで日本人2位、

ラップタイム2時間06秒54 でした!

【関連記事:設楽悠太の東京マラソン2018ラップタイムは?シューズのブランドも

スポンサードリンク


 

井上大仁の出身中学は?

 

井上大仁選手の出身中学は、長崎県諫早市立飯盛中学校です。

長崎県は、とても坂が多いことで有名な地域で、

もともとの素質に加えて、そういう環境の中で自然と足腰が鍛えられていったのかもしれまえんね。

私の小学校時代の友達に、

長崎県から転校してきたこがいたのですが、

小学校の持久走大会で、1番だったのを思い出しました。

では、井上大仁選手の出身高校はどこでしょうか?

井上大仁の出身高校は?

 

井上大仁選手の出身高校は、鎮西学院高等学校です。

高校時代は、全国高校駅伝へ出場経験はないのですが、

それでもやっぱり天性の素質みたいなのが光っていたのか、

あの箱根駅伝4連覇中の青山学院など、いくつもの大学からスカウトをうけたようです。

その中から山梨学院大学へ進学しました。

全国男子駅伝
2011年都道府県対抗駅伝 鎮西学院 5区15位 25:19 長崎06位

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA