加藤貴子が出産した病院はどこ?旦那が不妊と暴露

スポンサードリンク


女優の加藤貴子さんが第一子を出産されたのは44歳、第二子を出産されたのは46歳です。

一般的に35歳を過ぎると高齢出産といわれていますので、かなりの高齢出産ということになります。

出産にあたって、若い時よりもとても気を遣うと思います。

病院もしっかりした安心できるところがいいですよね。加藤貴子さんが出産した病院はどこだったのでしょうか?

スポンサーリンク



加藤貴子さんってどんな人?

加藤貴子のプロフィール

出典元:アミューズ公式プロフィール

 

本名:加藤 貴子(かとう たかこ)

生年月日:1970年10月14日

出身: 静岡県静岡市清水区(旧清水市)

学歴: 東海大学短期大学部卒業

所属事務所: アミューズ

 

加藤貴子さんは、「Lip’s」というアイドルグループのメンバーとしてデビューをしました。

代表作は、TBSの昼ドラマ「温泉へ行こう」です。

この「温泉へ行こう」はシリーズもののドラマで、ヒロイン役を演じて知名度が上がりました。

プライベートでは、2013年10月31日に一般男性と結婚しています。

妊活から不妊治療へ

 

加藤貴子さんは、33歳の頃に妊活を始めたそうなので、2003年ころでしょうか。

今の旦那様と結婚されたのが2013年なので、結婚前から妊活をされていたのですね。

このときの妊活は自己流だったそうです。

ところが、なかなか子供を授かることはできなかったといいます。

そんなとき、映画監督の堤幸彦さんから不妊治療で有名な病院を紹介されたそうです。

そして本格的な不妊治療を開始したそうです。

⇒『押切もえさんの妊娠は不妊治療か自然妊娠か』の記事はこちらをクリック

不妊治療と出産した病院はどこ?

スポンサーリンク




加藤貴子さんが不妊治療をして出産をした病院の名前は、

ウィメンズクリニック神野

という東京の調布市にある病院のようです。

ウィメンズクリニック神野について

こちらの病院では、2つの相談会があるようです。

まず1つ目は、「不妊相談会」という無料説明会です。

2つ目は、ウィメンズクリニック神野院内で、保険適用の不妊相談です。

毎月第1日曜日と第3日曜日に開催されているとのことです。

 

✅ 最寄り駅:

京王線国領駅 南口 国領3丁目方面出口より1分

✅ 住所:

東京都調布市国領町3-1-39  Kサイドビル 201

✅ 電話/ファクシミリ:

042-480-3105

✅ お問い合わせ時間:

月・火・水・木・金
12:00~13:00,15 : 00~17 : 30
土・日・祝
9 : 00~9 : 30

 

ちなみに、元モーニング娘。の保田圭さんも不妊治療から無事妊娠されました。

⇒『保田圭さんが不妊治療した病院はどこ?』の記事はこちらをクリック

旦那の不妊を告白

 

スポンサーリンク




加藤貴子さんが、自身のブログで、旦那様の不妊について書いていたので、引用します。

 

不妊の原因は女性側だけではない、

 

『男性不妊』

 

というのもあることを知っていただきたいです。

 

 

現に我が家は男性不妊でした。

 

精子が一般男性の10%しかなく、そのうえに、運動率5%と言われた時もありました。

通常の男性の精子の状態と、旦那さんの精子の状態とをモニターで見比べたときに旦那さんは 、まるで世界で一人だけ取り残されたような顔をしていました。

 

「奥さんの年齢も加味すると、今の旦那さんの状況では顕微授精でしか妊娠できる可能性はないです」

 

と、はっきりドクターに言われました。

 

旦那さんは相当ショックを受けたようです。

 

まさか、妊娠できない理由が自分にもあるんだとは、思ってもいなかったようです。

 

 

こんなに赤裸々にブログで、旦那様の不妊を告白してしまったために、

ネットでは「旦那がかわいそう」と言う声も上がっているようです。

旦那がかわいそう?

 

加藤貴子さんの旦那様は一般人の方ですし、おそらく、一般の方が女優と結婚したとなると、職場などでは有名となってしまうと思うので、

加藤貴子さんが、このようにブログで、不妊を告白するということは、

つまり、旦那様の職場関係や友人・知人にもそのことを知られてしまうということになります。

そのため、旦那様がかわいそうという声があがってしまうんだろうなと思います。

 

ただ、

日本では不妊というと、なぜか女性側に問題があると思われがちなのも事実です。

次のようなデWHOのデータがあります。

 

女性だけに原因あり: 41%

男性だけに原因あり: 24%

男女ともに原因あり: 24%

原因不明: 11%

 

つまり、

「男性だけに原因あり」と「男女ともに原因あり」の割合を足すと48%となり、

不妊の原因の半分は、男性も含まれるということになります。

男性にも不妊検査を

加藤貴子さんは、

こうやって自分の旦那様が不妊の原因だったことをブログで告白した理由について次のように語っています。

1年間自然妊娠をトライしてお子さんが授からなかった時は、どうかご夫婦でクリニックへ行って検査をしてみてください。
私たちは、クリニックの門を叩くまで、8年間も足踏みをしてしまいました。
その間に卵子はどんどん老化していました。
しかも、私は卵子の老化についてまったく無知で、生理が順調で体力さえあれば、歳をとってもすんなり妊娠出来ると思っていたんです。
避けられるものなら、私たちが経験したことを避けて欲しいと思います。

もし不妊に悩むご夫婦がいたら、

そして、これまで奥さん側しか不妊の検査していなかったのならば、

旦那さん側も不妊の検査をしようと思うきっかけになると思って告白してくれたのですね。

 

推測ですが、この告白は加藤貴子さんの旦那様も了承しているのではないかなと思います。

 

そもそも、旦那様が、奥さまである加藤貴子さんのブログを知らないということは、

考えにくいので、

ご夫婦で相談した上で、他の不妊に悩む方のアドバイスになればと、旦那様も納得された上での公開だったのではないかと思います。


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA