清宮幸太郎のドラフト球団は日ハム!父は阪神ファン!

今年のドラフト大注目の清宮幸太郎選手!引き当てたのは日ハムでした!清宮幸太郎選手の父親は阪神ファンなのだとか。清宮幸太郎選手のドラフト指名と阪神ファンである父の清宮克幸さんについて調べてみました!

スポンサーリンク



清宮幸太郎とは?

清宮幸太郎のプロフィール

清宮幸太郎

出典元:NEWSポストセブン

本名:清宮幸太郎(きよみやこうたろう)

出身地:東京都新宿区

生年月日:1999年5月25日(18歳)

学歴:早稲田実業高校在学中

 

2015年に甲子園に出場したころから注目を浴び、

高校通算本塁打は111本で、史上最多記録保持者です。

 

さらに、高校野球の公式戦に限った通算成績は70試合出場で247打数100安打、打率.405、29本塁打、95打点と、「怪物」とよばれる高校球児です。

清宮幸太郎

出典元:http://president.jp/articles/-/22734

 

残念ながら、2017年の甲子園出場は、東海大菅生に負けて出れませんでしたが、

それでもドラフトでは人気ナンバーワンの注目選手で、7球団から1位指名を受けました。

ドラフトは日ハム

日本ハムファイターズ

出典元:日ハムTwitter

 

清宮幸太郎選手には、7球団がドラフト1位指名をしました。

巨人、阪神、ソフトバンク、日ハム、楽天、千葉ロッテ、ヤクルト

その中から、見事引き当てたのは、北海道日本ハムファイターズでした。

早実の先輩である2006年の甲子園優勝投手である斎藤佑樹さんと同じチームということになります。

また、清宮幸太郎選手は、13歳のときに、日ハムで始球式を投げています。

この頃からご縁があったのかもしれませんね。

父は阪神ファン

スポンサーリンク



清宮幸太郎選手の父親は、清宮克幸さんと言います。

 

早稲田大学ラグビー部の元監督です。

出身は大阪なためだからか、大の阪神ファンなのだとか。

息子の清宮幸太郎選手が日ハムで活躍したら、日ハムファンに変わったりするかもしれませんね。

清宮克幸のプロフィール

清宮幸太郎の父

出典元:https://doda.jp/guide/turningpoint/002_1.html

 

本名:清宮克幸(きよみやかつゆき)

生年月日: 1967年7月17日

出身地:大阪府大阪市福島区

学歴:大阪府立茨田高校→早稲田大学

 

元早稲田大学ラグビー部監督で、現在はヤマハ発動機ジュビロの監督です。

ヤマハ発動機ジュビロといえば、あの五郎丸歩選手が所属しているトップリーグです。

 

五郎丸歩選手と言えば、2015年に歴史に残る南アフリカに勝利したときの代表選手ですので、

そこの監督ともなれば、とてもすごい人なのでしょうね。

 

清宮幸太郎選手の抜群の身体能力は、父である克幸さんのDNAを引き継いでいるのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

清宮幸太郎選手は小学生の頃からずっと野球で活躍している選手です。

高校時代は、通算本塁打の記録も塗り替え、大注目を浴びています。

日ハムは、ファンサービスも評判が良くて、

地元北海道の方からとても愛されている球団ですし、是非とも清宮幸太郎選手にはプロ野球選手としても活躍してほしいですよね!



スポンサーリンク



 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA