木枯らし1号東京大阪で発表!条件とは何?春一番との違い

スポンサードリンク


肌寒い日が多くなってきましたね。木枯らし一号が東京で発表され、いよいよ冬の足音が近づいてました。木枯らし1号の条件とは何?また春一番との違いはなんでしょうか?

木枯らし1号の条件や春地一番との違いをご紹介します。

スポンサーリンク



 

木枯らし1号の条件とは何?

木枯らし一号2017

木枯らし1号の条件は、

 

秋から冬へと変わる頃に、はじめて吹く北寄りの風です。

 

詳しくいうと、

① 10月半ばから11月末までの間に、

② 西高東低(冬型)の気圧配置になったとき、

③ 北寄り(西北西~北)の

④ 風速8m/sの

 

 

風を「木枯らし一号」といいます。

 

木枯らし1号は、東京と近畿地方の大阪で発表されます。

その他の地域では、上の条件を満たしていても発表はされません。

 

人口の多い地域二箇所ってことなのですかね。

たしかに、東京と大阪で木枯らし一号が発表されれば、北海道や東北や九州など、

他の地域でも「あーいよいよ冬が近づいてきたな」って感じますもんね。

というか、今回調べるまで、東京と大阪の二箇所だけでしか発表されていないって知りませんでした(;・∀・)

それくらい、他の地域のかたも東京と大阪で発表されたら、それによって同じように季節を感じるんでしょうね。

木枯らし1号2017

ちなみに上の①~④は東京の定義で、

近畿地方の場合は、ちょっと違います。

1⃣ 霜降~冬至までの間に

2⃣ 西高東低の冬型の気圧配置で

3⃣ 北北東~西北西の風向き

4⃣ 最大風速8m/s

 

 

と微妙に異なっています。

 

2017年の霜降の開始日は10月23日で、

終了日は11月7日です。

そして、冬至は12月22日です。

とすると、東京より木枯らし1号の期間が長いということになりますね。

 

2017の木枯らし一号が発表

木枯らし1号2017

2017年の木枯らし一号は、10月30日に東京・大阪で発表されました。

台風22号が過ぎて温帯低気圧になって上の①~④の条件をみたしたんですね。

 

ちなみに、2017年は発表は早い方なのでしょうか?
遅い方なのでしょうか?ここ10年間の木枯らし1号が吹いた日付を振り返ってみましょう♪

 

まずは東京で木枯らし一号が吹いた日です。

2008年 11月1日
2009年 11月2日
2010年 10月26日
2011年 10月26日
2012年 11月18日
2013年 11月11日
2014年 10月27日
2015年 10月24日
2016年 11月9日

2017年 10月30日

 

 

続いて大阪で木枯らし1号が吹いた日です。

色を付けているのは、東京と同じ日だったときです。

2008年 11月18日
2009年 11月2日
2010年 10月26日
2011年 10月25日
2012年 10月29日
2013年 11月4日
2014年 10月27日
2015年 10月25日
2016年 10月29日

2017年 10月30日←new

 

となると、

2017年は、東京は去年より10日早く

大阪は1日遅い発表ということになります。

 

ちなみに、もっとも早く木枯らし一号が吹いたのは

 

1988年 10月13日

 

もっとも遅く吹いた日は、

1981年 11月28日

 

どちらも1980年代!30年近く記録が更新されていないんですね。

木枯らし一号2017

木枯らし1号が吹くということは、上空に冷たい空気があるということなので、

寒さ対策をしっかり行った方が良さそうですね^^

春一番との違い

スポンサーリンク



木枯らし一号と聞いて思い出したのが、似た名前の「春一番」。

歌のタイトルにもなっているから、春一番の方がメジャーでしょうか?

なんとなく対照的な印象のこの二つ、いったい違いはなんでしょうか?

春一番とは?

春一番

季節が冬から春に変わる頃、はじめて吹く南寄りの風です。

 

詳しく言うと、

① 立春~春分までの間に

② 日本海で低気圧が発生し、

③ 南寄りの風が

④ 風速8m/s以上

 

の風のことをいいます。

 

春一番は暖かい南寄りの風なので、たしかに春の到来を知らせてくれる風ですし、

イメージ的には穏やかな春風だと思いますが、

竜巻などの突風が起こることもあり、注意が必要な風です

まとめ

いかがでしたか?

木枯らし一号の東京版・大阪版も春一番も季節や定義は異なれど、

風速8m/sということは同じなので、けっこう強い風なのは間違いないです。

木枯らし一号も春一番も、ちょっと詩的な印象を受けるネーミングですが、

その実態は突風や竜巻を巻き起こすおそれがあるので、注意したいですね。


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA