この世界の片隅にのリンと周作の関係は?

スポンサードリンク


2018年の7月スタートのドラマ「この世界の片隅に」

 

ドラマ以外にも、

アニメーション映画も大ヒットしています。

 

ところで、ドラマ「この世界の片隅に」で気になったのが

リンとすずの旦那さんの周作の関係です。

 

アニメ映画ではあまり絡みのない二人でしたが、

どういう関係なんでしょう?

 

ペンギン君
気になったので調べてみました!

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

スポンサードリンク


この世界の片隅にのリンと周作の関係は?

konoseka-rin

 

この世界の片隅にのアニメでも原作でも

リンと周作の絡みはほとんどありませんでした。

 

ですが、二人の関係ははっきりとは表現されてはいませんが、

色々なやりとりの中で、

すずが、リンと周作の関係に気付く場面があるんです。

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

この世界の片隅にのリンと周作の関係にすずが気づく場面①

この世界の片隅にのリンと周作の関係は?

 

まず一つ目は、

リンがすずに話した紙切れの話です。

 

字が書けないリンのために、

「この紙切れを見て写せば、自分の字が書けるよ」

と、

リンは、自分のフルネーム「白木リン」が書かれた紙切れを、

お客さんからもらったというエピソードです。

 

その紙切れはノートをちぎって書いたようで

「白木リン」の文字とリンの住所が書いてあります。

 

その紙切れを見せてもらった時は、

何も感じなかった、すずでしたが、

後で気になって周作の部屋のノートを見に行くんです。

ペンギン君
なかなか勘が鋭いね。

すると、

すずが思っていた通り、

周作のノートの破れた箇所がリンの持っていた紙切れと一致、

紙質も一緒だったんです。

 

つまり、リンに紙切れを渡したのが周作なんですね。

 

優しい!と思いましたが、

すずにとっては、ちょっとやきもち焼いちゃいますよね。

 

昔とはいえ、周作がリンのお店に通っていて

リンのことをひいきにしていたことが分かるんですから。

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

スポンサードリンク


この世界の片隅にのリンと周作の関係にすずが気づく場面②

この世界の片隅にのリンと周作の関係は?

 

他にも、この世界の片隅にで

すずがリンと周作の関係に気付く箇所があります。

 

周作のおばさんがすずに言ったこの言葉です。

 

「(周作が)一時の迷いで変な子に決めんでほんまよかった」

 

すずがお嫁に来る前に、周作には結婚を考えている人がいた

ということを指していると同時に

周作が遊郭で働くリンを気に入っていることを

周作の家族も知っていたということを指します。

 

やっぱり気にはなっていたようですが、

この世界の片隅にのすずは周作を責めたりはしませんでした。

うさぎさん
過去のことだし、すずと周作はお互いに 好きで大事にしているんだから、それでいいんだよね。

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

 

まとめ

 

「この世界の片隅に」のリンと周作は

やっぱり過去にお互いに大事な存在だったんですね。

すず、周作、リンの目には見えないところで
繋がりがあったのかもと思うともっと「この世界の片隅に」が楽しめますね。

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

スポンサードリンク


あわせて読みたい記事

この世界の片隅に原作漫画のあらすじネタバレと感想

この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法!人気サービス2つを比較

この世界の片隅にのリンが屋根裏部屋にいた理由は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA