マクドネルがボクシングで亀田和毅に勝利した試合の動画

SPONSORED


ジェイミー・マクドネル選手が、

亀田和毅選手にボクシングで勝利をおさめた試合を覚えていますか?

2015年9月のことです。

日本ではこの試合は放送されていませんでしたので、

ニュースだけをみて、実際に試合をみたという方は少ないのではないでしょうか。

 

今回は、ジェイミー・マクドネル選手が亀田和毅選手に勝利をした動画を紹介します。

ぜひ楽しみにしてくださいね!

まずは、ジェイミー・マクドネル選手のプロフィールからみていくことにしましょう。

スポンサードリンク


ジェイミー・マクドネルのプロフィール

マクドネルがボクシングで亀田和毅に勝利した試合の動画

出典元:http://www.sanspo.com/sports/news/20150909/box15090911300001-n1.html

 

さて、ジェイミー・マクドネル選手について

知っている方もいらっしゃるとは思いますが、プロフィールをみていくことにしましょう!

名前 ジェイミー・マクドネル(Jamie McDonnell)

出身地 イギリス

年齢 31歳

身長 178㎝

リーチ 183㎝

階級 バンタム級

プロデビュー 2005年9月16日

戦勝 32戦29勝(13KO) 1引き分け

KO率 40%

スタイル オートドックス

 

ジェイミー・マクドネル選手は、

これまでWBA世界バンダム級のタイトル6度防衛している選手でもありますよね。

バンダム級のなかでは高身長ともいえますね。

ペンギン君
軽快なフットワークに加えて、的確にパンチができるという選手でもあるよね。

 

これは現在のプロフィールですが、

2015年に亀田和毅選手と試合をした時点でも、

10戦目と11戦目で2敗をしていましたが、引き分けをはさんで負けなしという状態でした。

亀田選手と試合をしたあとも1敗しかしていないということで、

実力がある選手ですよね。

マクドネルがボクシングで亀田和毅に勝利した試合

マクドネルがボクシングで亀田和毅に勝利した試合の動画

ジェイミー・マクドネル選手が、

亀田和毅選手に勝利をしたボクシングの試合は、

2015年9月6日(日本時間7日)に

アメリカテキサス州コーパスクリスティにて行われた、

WBAバンダム級タイトルマッチです。

 

亀田和毅選手は前回のWBOの王者を返上しており、

挑戦者としてジェイミー・マクドネルに挑んだ試合でもありました。

 

ただし、亀田和毅は身長163㎝、リーチが171㎝ですので、

リーチの差が大きく、策を練る必要がありましたが、

なかなかうまく使うことが出来ていませんでした。

 

逆に、マクドネル選手はこのリーチ差を上手く使い、

亀田和毅選手にジャブをいれるという展開に持ち込み

亀田和毅選手の出鼻をくじくことができました。

それでは、この二人がどのような試合をし、

結果的にはどのようにジェイミー・マクドネル選手が勝利をおさめたのかについて

試合の動画をみていきましょう。

 

マクドネルがボクシングで亀田和毅に勝利した試合の動画

 

そして、ジェイミー・マクドネル選手が勝利を収めた試合の動画がこちらです!

スポンサードリンク


 

結果を知っている状態ではありますが、

解説や観客の歓声も入っていて、ハラハラドキドキしてしまいますよね!

 

試合の結果としては、

12ラウンド3-0(116-111、115-112、117-110)

 

ダウンも奪い、ジェイミー・マクドネル選手が勝利をおさめました。

試合後関係者と抱き合うジェイミー・マクドネル選手をみると、

とても勝利したことをうれしく感じていることが伝わってきますね!

 

この試合に敗れ、亀田和毅選手は、王座奪還には至りませんでした。

まとめ

マクドネルがボクシングで亀田和毅に勝利した試合の動画

動画の試合から3年近く過ぎてはいますが、

ジェイミー・マクドネルと聞くと亀田和毅との試合を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

残念ながら亀田和毅の試合は日本国内では見ることはできませんが、

王座奪還に向けて応援していきたいものですね。

また、ジェイミー・マクドネル選手は、井上尚也選手との対戦が噂されています。

テレビでみるときも遠くはないのではないでしょうか。

二人がどんな試合をするのか楽しみですね♪

スポンサードリンク


あわせて読みたい記事

マグドネルと井上尚也の身長差は?ボクシングの戦績と強さまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA