大野拓朗「わろてんか」役柄は芸人!大学が気になる

スポンサードリンク


2017年後期の朝ドラ「わろてんか」で、芸人キースを演じる大野拓朗さん。とと姉ちゃんではウザキャラを演じていましたが一転、後にしゃべくり漫才を作るインテリ芸人を演じます。実際の大野拓朗さんも頭が良いそうです。大学はどこなのでしょうか?

スポンサーリンク



大野拓朗さんってどんな人?

大野拓朗プロフィール

出典元:ホリプロ公式プロフィール

 

本名:大野 拓朗(おおの たくろう)

生年月日:1988年11月14日

出身地:東京都出身だが、埼玉県さいたま市育ち

身長:184cm

趣味:キックボクシング、筋トレなど

特技:バスケットボール

所属事務所:ホリプロ

ミスコンあらしの学生時代

大野拓朗さんは、

なんと高校時代に、3年連続でミスターコンテストで優勝したそうです。

さらに、

大学でも、ミスターコンテストで優勝したそうです!

そのときの写真はこちら↓↓

 

出典元:https://mrcolle.com/rikkyo2009/photo

 

今と少し雰囲気が違いますね!

 

大学でミスターに輝いた翌年の2010年、

ホリプロが創業50周年記念イベントとして「キャンパスター☆H50」を開催しました。

大野拓朗さんは、ここでもグランプリを受賞します。

 

イケメンの王道ルートをずっと通ってきた方なのですね!

 

こんなイケメンを芸能界がほっておくわけがなく、「キャンパスター☆H50」でグランプリをとった同じ年に、ホリプロ所属で映画「インシテミル~7日間のデス・ゲーム~」で俳優デビューを果たします。

2011年には、日テレドラマ「美咲ナンバーワン!!」で連続ドラマに初出演をします。

2016年には朝ドラ「とと姉ちゃん」で老舗問屋の跡取り息子の役として出演しました。

 

そんな俳優の道を着々と進んできた大野拓朗さん、

2017朝ドラ「わろてんか」の大阪編では、キースという芸人の役をしています。

大野拓朗のわろてんかでの役柄

スポンサーリンク



 


芸名「キース」で、本名は「山村喜助」

ヒロイン藤岡てんの恋のお相手、北村藤吉と同じ旅芸人一座の芸人です。

メガネがトレードマーク。

頭の回転が早くて、海外の文化などについても詳しいインテリです。

ただ、悪気なく、よくトラブルを起こしてしまうという三枚目の役柄です。

 

そういえば2016年の「とと姉ちゃん」でも、老舗の材木問屋のちょっとキザな三枚目役を演じていましたよね。

 

でもただの三枚目役なのではなく、

のちに「しゃべくり漫才」を作るすごい人となるのです。

 

そんなインテリで頭の回転の早いキースこと山村喜助を演じる大野拓朗さんですが、

実際も頭がいいようです。

大野拓朗の大学はどこ?

スポンサーリンク



 

大野拓朗さんの大学は、

 

立教大学です。

 

学部は、コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科 です。

出典元:https://mrcolle.com/rikkyo2009/photo
スポーツの指導方法・スポーツの感動の伝え方・アスリートへの医科学的サポート方法などについて学ぶことができる学部だそうです。

また海外でインターンシップを経験できたりもするそうです。

 

偏差値は、57.5~60.0 ということです。

 

大学の偏差値が57.5~60.0ということは、高校もきっと頭のよいところな気がしますよね。

大野拓朗の高校はどこ?

 

大野拓朗さんの高校は、さいたま市立浦和高等学校です。

サッカー部は、全国大会で5回優勝しています。

卒業生には、プロサッカー選手やアナウンサーが多い学校のようです。

 

サッカーなどのスポーツが盛んなだけでなく、文武両道の学校で偏差値も高いんです。

なんと偏差値は、68です。

 

大野拓朗さんはイケメンというだけでなく、勉強も頑張ってきたんですね。

その勉強熱心ぶりは、役作りにも表れています。

大野拓朗がM-1予選通過

2017年10月6日にNHKの「ごごナマ」に大野拓朗さんがゲストとして出演した際に、

役作りに付いて語っていました。

 

しゃべくり漫才をのちのちやる役ということで、

キースとコンビを組むアサリ役の前野朋哉さんと漫才をはじめたそうです。

 

人前で漫才をやる経験や、芸人としてのオーラを出せるようになりたいと話していました。

漫才師の立ち振る舞いができるようになりたいそうです。

 

ちなみに大野拓朗さんは、ボケをやっているそうです。

現在、M-1の予選を受けているようです。

残念ながらM-1の予選は敗退してしまったみたいですが、わろてんかでの漫才を楽しみにしています。

 

ごごなま出演時に、大野拓朗さんは司会の西川きよし師匠に漫才がうまくなるにはどうしたらよいか質問していました。

西川きよし師匠の答えは、

「けいこ」

西川きよし師匠は、

一度(舞台で)やったら失敗した場所がわかるので、楽屋にもどってやり直し、一服してもう一回やって40回くらいやり直すそうです。

そうすると、アドリブがすんなりでてくるようになるそう

 

しかも、やすしさんが間違ったとこを指摘しないために両方のセリフを覚えていないといけないとも言っていました。

 

やはり漫才って難しい世界なのですね。

まとめ

わろてんかのテーマである「笑い」。

「笑い」って、つきつめれば突き詰めるほど難しい世界だと思います。

同じ話をしても、そのときの微妙な間の違いや、観客の空気や観客層、それから社会情勢、誰が話すかによっても、ウケるかウケないかって変わってきますもんね。

芸人の人は頭の回転が速いなといつも見ていて思います。

もちろん漫才などは、そこにいたるまでに何度も練習を重ねて努力でもあるのですが、

芸人さんは、とっさにその場でトンチの利く発言をする方も多いですよね。

そんな芸人さんの役を、芸人でない大野拓朗さんが演じるのはとても大変だろうなと思います。

「ごごナマ」で司会の藤井隆さんも、芸人ではない大野拓朗さんが、芸人の役に真摯に取り組む姿をほめていました。

高校も大学も頭の良い学校だったので、きっともともと勉強熱心な方なのだと思います。

これからも演技に磨きをかけて、どんどん活躍してほしいです。


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA