下町ロケット2(続編)原作小説ゴーストのネタバレあらすじ!感想文も

スポンサーリンク


下町ロケットの続編が2018年10月からドラマで放送。

 

前回の下町ロケットのドラマでは、

たくさんの伏線が残されたまま最終回になっちゃって

続編が気になっていた人もいると思います。

 

ドラマ下町ロケット2(続編)の原作小説は、下町ロケットゴーストという作品です。

 

下町ロケット2(続編)の原作小説「下町ロケットゴースト」の

あらすじが気になりますよね。

 

ペンギン君

そこで下町ロケット2(続編)の原作小説「下町ロケットゴースト」の

あらすじやネタバレ、結末をご紹介します。

うさぎさん
感想文もまとめてみました。
スポンサードリンク


下町ロケット2(続編)原作小説「下町ロケットゴースト」のあらすじ

下町ロケット2(続編)原作小説ゴーストのネタバレあらすじ!感想文も

 

色々な伏線が残されたドラマ下町ロケットでしたが、

その続編となる下町ロケット2では、

どんなあらすじになっていくのでしょうか。

 

うさぎさん

原作小説の下町ロケットゴーストのあらすじをご紹介しますね。

 

【下町ロケット2(続編)原作小説「下町ロケットゴースト」のあらすじ】

佃製作所のシンボルとなった、

ロケットエンジン用バルブシステムの納入先である、

帝国重工の不正計上による巨額損失が発覚します。

 

さらに、追い打ちをかけるように、

同じく納入先であるヤマタニから

新型エンジンの採用を白紙に戻して欲しい

と言われてしまって、社長である佃航平は愕然とします。

 

これはヤマタニの新社長によるコスト削減方針によるもので、

コストをヤマタニの要望まで削減できなければ

他社へ発注をすることが正式に決まるとのことでした。

 

これは佃プライドと称して、

高品質を追い求めてきた佃製作所に時代の流れが襲い掛かる瞬間でした。

 

そんな中、帝国重工の財前から

スターダスト計画がなくなりそうだと伝えられます。

 

スターダスト計画がなくなれば

そのための部品の発注もなくなってしまい、

佃製作所の経営に大きな影響があります。

 

佃製作所はこの危機を乗り越えられるのでしょうか…

 

スポンサードリンク



 

ペンギン君

ここまでが下町ロケット2(続編)の

原作小説「下町ロケットゴースト」のあらすじです。

うさぎさん

佃製作所にたくさんの困難が襲い掛かるあらすじの内容ですが、

結末はどうなるのでしょうか?

 

下町ロケット2(続編)の原作小説「下町ロケットゴースト」の

ネタバレ、結末を次でご紹介します。

下町ロケット2(続編)原作小説「下町ロケットゴースト」のネタバレ

下町ロケット2(続編)原作小説ゴーストのネタバレあらすじ!感想文も

 

あらすじで紹介したような困難の中、

佃はトラクターから高性能トランスミッション開発で活路を開こうとします。

 

困難を乗り越えることはできるのか?

新しく始める開発は上手く進むのか?

下町ロケット2(続編)の原作小説

「下町ロケットゴースト」のネタバレと結末をご紹介します。

 

【下町ロケット2(続編)原作小説「下町ロケットゴースト」のネタバレと結末】

 

佃はトランスミッション開発へ乗り出すにあたり、

ベンチャー企業のギアゴーストと手を組みたいと思っていました。

 

ギアゴーストは、ファブレスと呼ばれる

生産拠点を持たずに部品製造から組立てまでを

全て外注でまかなう方法で売上を上げている会社です。

 

ギアゴーストはコンペでトランスミッションの

部品の受注先を決めようとしていました。

もちろん佃製作所もコンペに参加し、

なんとギアゴーストのトランスミッションに採用されたのです。

 

そんな中、トランスミッションメーカーの

ケーマシナリーの顧問弁護士から、

特許侵害をしているとの指摘がギアゴーストに届きます。

 

事前の特許調査では、もちろん特許侵害はしておらず、

なおかつギアゴースト側は既存技術の応用である設計だと

考えていたので特許申請をしていませんでした。

 

裁判になれば敗訴する可能性が高く、

ギアゴーストの伊丹社長は和解を申し入れます。

 

しかしケーマシナリーの顧問弁護士である中川は和解金として15億円を要求するのでした。

ベンチャー企業のギアゴーストは、それに応じることもできません。

 

従業員の雇用を守るためにも、

別の企業の傘下に入って企業から出資を受けることで、

和解金を支払らうしかないと考えた伊丹社長は、佃製作所に相談します。

佃は、知財に詳しい顧問弁護士の神谷修一を紹介します。

 

神谷弁護士は、ギアゴーストの顧問弁護士である末長が

必要な手立てについて一切提案をしていないことに疑問を持ち、

末長弁護士と中川弁護士が裏で通じているのではないか

という考えにたどり着きます。

 

ギアゴーストの伊丹社長と副社長の島津は、

末長弁護士に中川弁護士と通じていることを指摘します。

 

慌てた末長弁護士は伊丹たちが退席した後、

中川弁護士に電話をかけますが、

島津はその電話内容をボイスレコーダーで録音していたのでした。

 

ギアゴーストとケーマシナリーの裁判となり、

神谷弁護士は特許は無効であると主張し、

さらにボイスレコーダーの録音音声を流して

中川弁護士の不正も明らかにしました。

 

結果、特許は無効という判決が下されて、ギアゴーストが裁判で勝ったのでした。

 

そんな中、ギアゴースト社長の伊丹にダイダロスの重田登志行が接近します。

 

ダイダロスは、あらすじ部分で佃製作所の取引先であった

ヤマタニが新たな取引先として関係を持っている

品質は少し劣るものの低コストが売りの企業です。

 

重田は伊丹のことを恨んでおり、

ギアゴーストを買収しようと考えていました。

 

重田の口車に乗せられ、伊丹はダイタロスと資本提携を結んで帝国重工に復讐を果たそうとします。

 

そんな過去のしがらみに囚われてしまった伊丹に、

島津はついていくことはできずにギアゴーストを退社するのでした。

スポンサードリンク


 

 

ペンギン君

ここまでが、下町ロケット2(続編)の

原作小説「下町ロケットゴースト」のネタバレと結末です。

 

うさぎさん
結末とはいうものの、まだまだ続きそうですよね!

下町ロケット2(続編)原作小説「下町ロケットゴースト」の感想文

下町ロケット2(続編)原作小説ゴーストのネタバレあらすじ!感想文も

 

下町ロケット2(続編)の原作小説「下町ロケットゴースト」を読んだ人は

どんな感想を持ったのでしょうか?

感想文をまとめてみました!

 

感想文にはネタバレや結末について

触れている内容もあるのでご注意くださいね。

登場人物それぞれのストーリーが

細かく表現されていて感動するという感想文もあります。

 

 

結末まで読むと続きが気になる!

という感想文が多いですね。

佃社長の人柄が好きだという感想文も多いです。

ペンギン君

感想文を読むと、

ますます原作の小説が読みたくなるね。

まとめ

 

下町ロケット2(続編)の原作小説「下町ロケットゴースト」の

あらすじやネタバレ、結末をご紹介しました。

原作小説とドラマの違う点や共通点などを見つけても面白そうですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA