鈴木健吾(神奈川大)ユニバーシアードでハーフマラソンに挑戦

スポンサードリンク


学生長距離界のエースといえば神奈川大学の鈴木健吾さん。

マラソン向きだと陸上関係者から注目されている選手です。

2017年8月に台北市で開かれたユニバーシアードのハーフマラソンに挑戦しました。

また、箱根駅伝2018の後には、東京マラソンでも出走します。

スポンサーリンク



 

鈴木健吾のプロフィール

鈴木 健吾(すずき けんご)

生年月日:1995年6月11日

血液型:B型

出身地:愛媛県宇和島市

学歴:宇和島東高校卒業→神奈川大学経済学部・現代ビジネス学科に在学中

 

鈴木健吾選手(神奈川大)の進路についての記事は下をクリック♪

鈴木健吾(神奈川大)の進路は富士通!でもなぜ?

 

鈴木健吾選手やほかの出場選手の情報をチェック♪
↓↓↓↓

ユニバーシアード参加

鈴木健吾さんは、箱根駅伝2017で、

各校のエースが集う2区区間賞を獲得し、陸上関係者から「マラソン向き」との声があがっています。

 

そこで鈴木健吾選手の初マラソンとなったのが、

2017年8月に台北市でおこなわれたユニバーシアードハーフマラソンです。

 

この時は惜しくも3位になってしまいました。

 

鈴木健吾選手は、ユニバーシアードのハーフマラソンでは金メダルを狙っていたそうなのですが、

 

右の股関節から臀部に痛みがあって、しっかりと治せずにフォームがくずれてしまっていたそうです。

 

大事な試合のときに怪我などをしてしまうって本当に辛いですよね。

実力があるだけに悔しかったと思います。

 

ところで、

鈴木健吾選手は、なぜユニバーシアードのハーフマラソンに出場したのでしょうか?

 

きっかけは監督

スポンサーリンク



鈴木健吾選手がユニバーシアードのハーフマラソンに出場したきっかけは、

鈴木健吾選手が所属する神奈川大学陸上部の大後栄治監督です。

 

大後監督は、

2015年に韓国の光州で開かれたユニバーシアードでコーチを務めました。

 

帰国後、「自分の大学の選手と行きたかった」と、

ユニバーシアードでの経験を神奈川大学陸上部のメンバーに話したそうです。

 

鈴木健吾選手は、これをきっかけに、

 

そういう舞台に出たいという想いが強くなった

 

のだとか。

 

このため、鈴木健吾選手は、

4年生の2017年に開かれるユニバーシアードへ出場するために、

その選考会となる2017年3月の、

日本学生ハーフに向けてトレーニングしていったそうです。


スポンサーリンク



あわせて読みたい記事

鈴木健吾(神奈川大)のシューズは?箱根駅伝2018のの足元に注目!

鈴木健吾(神奈川大)のTwitterが面白い!高校は宇和島東で中学は?

鈴木健吾(神奈川大)の進路は富士通!箱根駅伝2018後は東京マラソン

箱根駅伝2018出場校一覧と4年生の進路

箱根駅伝2018コース地図と通過時間

箱根駅伝2018結果・順位・総合優勝は?区間賞は誰?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA