バレンタインのお返し「いらない」の意味は?本命と義理の場合

SPONSORED


2月14日はバレンタイン。

もともとは女性から愛を告白する日なんて言われていましたが、

最近は、日ごろお世話になった人への感謝の気持ち的意味合いも強いですよね。

お返しは「いらない」と言われたとき、その意味はなんでしょうか?

また、お返しする内容は、本命と義理の場合で分けられているとも。

そこで今回はバレンタインのお返しについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク


バレンタインのお返し「いらない」の意味は?

バレンタインのお返し「いらない」の意味は?本命と義理の場合

バレンタインに女性から、チョコレートなり、

手作りクッキーなり、何かしらをもらったときに、

「お返しはいらない」と言われたことはありませんか?

そんなこと言われたら悩みますよね。

義理チョコだったとしても礼儀としてお返しすべきかとも思いますし、

もし本命の女性だったなら、むしろお返ししたいって思うのではないでしょうか?

 

こういうバレンタインのお返し「いらない」と言っているときの女性の意味は、

「バレンタインにもらった相手に対して、

そのお返しをホワイトデーしないといけないという負担を負わせたくない」

ということだと思います。

スポンサードリンク


迷惑ということではなく、相手への遠慮や配慮だと思います。

そのため、

バレンタインのお返しは「いらない」と言われた場合、

もらった金額と同じくらいの額のお返しを渡せば、

お返しが負担になったとも思われないですし無難ではないかなと思います。

バレンタインのお返し、本命と義理の場合

バレンタインのお返し「いらない」の意味は?本命と義理の場合

バレンタインのお返しとしてよくあげられるのは、

マシュマロなどではないでしょうか?

でもここには隠された意味があるようで、

なんでも、

マシュマロ→嫌い

キャンディ→好き

クッキー→友達

なのだとか。

 

でも、これって、個人的には気にしなくていいと思います。

単に、バレンタインのお返しという文化が浸透する段階で、

尾ひれ背びれが面白おかしく、付け足されたりしていっただけだと思うんです。

小学生とか中学生にありがちですよね^^

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA