保田圭が妊活した病院はどこ?加藤と噂

SPONSORED


元モーニング娘の保田圭さんが妊娠中であることを2017年7月にブログで報告しました。
本当におめでとうございます。
保田圭さんが妊活した病院はどこかきになりますよね。
「加藤」がつくあの病院?調べてみました。

スポンサーリンク



保田圭さんってどんな人?

出典元:保田圭オフィシャルブログ

本名:小崎圭(こざき けい)

生年月日:1980年12月6日

職業:タレント、元モーニング娘。の第二期メンバー

出身地:千葉県

配偶者:小崎陽一(イタリア料理研究家)

血液型:A型

保田圭 妊活はいつから?

⇒『押切もえさんの妊娠は不妊治療か自然妊娠か』の記事はこちらをクリック

保田圭さんが妊活を始めたのはいつからなのでしょうか?

ブログ(アメブロ)で妊活について話していました。

2014年の9月
基礎体温を測ったり
葉酸を飲むことから
スタートした妊活ですが…
 出典元:保田圭オフィシャルブログ

2014年の9月に始めたようですね。

妊娠の発表をされたのが2017年7月で、

このとき安定期に入られていたようなので、安定期は妊娠5か月(妊娠16週)と言われていますので、

妊娠されたのは2017年2月頃だと思います。

そうすると、2年5か月くらい妊活されていたということになります。

保田圭さんの飲んでいた妊活葉酸サプリをチェック♪
↓↓↓↓

ブログは下のように続きます。

最近は不妊外来で
治療をして頂いていました

出典元:保田圭オフィシャルブログ

最近は不妊外来で治療をされていたとのことなので、

最初から不妊治療の病院に通院されていたのではなく、妊娠をされるもう少し前から病院に通われていたのかなと思います。

そして、妊活のために通っていた病院は、保田圭さん曰く、「座れないほど混雑する病院」だとか。

そんなに混雑するなんて、すごく人気の病院なんですね!

そして、妊活を見事実らせました!!

本当におめでとうございます!

つまり、この病院は、実力がある病院なのだと思います。

一体どこの病院なのか気になりますね。

特に、これから妊活開始しようとしている方や、すでに妊活中の方は、どんな病院なのか知りたいのではないかなと思います。

保田圭 妊活した病院はどこ?

スポンサーリンク




保田圭さんは、今のところブログで妊活した病院名は公表していないようです。

ですが、保田圭さんのブログ(アメブロ)にヒントを見つけました。

 

① バスで通える場所にある

 

妊活は頻繁に病院に
通わなければいけないので
バスで通えるのは
楽ちんで助かります

出典元:保田圭オフィシャルブログ

 

保田圭さんは妊活中はセーブしているとはいえ、お仕事をこなしていましたし、

旦那様の小崎陽一さんは、西麻布と東麻布にそれぞれイタリア料理店を出しているので、

二人の家は、東京のどこかなのは間違いないですし、

もっと言ってしまえば都心のどこかだと思います。

② 座るところもないくらい混んでいる

 

妊活の為の
病院通いです
病院は座るところもないくらい
激混みなので
診察券だけ午前中に出しに行って…
これから診察

出典元:保田圭オフィシャルブログ

保田圭さんのこのブログの投稿は14:57でしたので、

「午前中に診察券を出しに行ってから これから診察」で、

しかも座れないくらい混雑しているということは、ものすごく人気の病院だというのがわかります。

 

これら2つの保田さんの発言から考えると、東京都心にあるとても人気のある病院ということがわかりました。

いくつか候補がありますが、

保田圭さんが通っていたのではないかと思われるのは西新宿にある加藤レディスクリニックです。

保田圭 妊活した病院は加藤の噂

スポンサーリンク



加藤レディスクリニック

 

病院のHPに病院の特徴が書かれていました。引用します。

・「自然周期」または「低刺激周期」での体外受精
・限りなく薬を減らす ~必要最小限の排卵誘発剤を使用~
・365日、年中無休の診療体制
・迅速なホルモン検査
・独自に開発した採卵針・カテーテルの使用により、患者様のからだへの負担を軽減
女性のからだが、本来持っている力を最大限に生かし、医療介入を最小限にとどめ、できるだけ自然に近い形での妊娠を目指す。これが開院以来、私たちが大切に持ち続けている治療方針です。
自然妊娠と同じ“毎月1個の卵“の成長を大切に考え、自然排卵(月経)のタイミングに合わせた「自然周期」、または「低刺激周期」での体外受精を行っています。
妊娠しやすい良好な卵子を得るため、排卵誘発剤の使用を必要最小限まで減らすことによって、より自然なリズムで育った排卵直前の卵子を採取し、心とからだに負担をかけず、自然に近い状態での妊娠を目指します。
そのために土曜、日曜、祝日を含めた、365日、年中無休の診療体制を整えています。
毎回の診察でホルモン測定と超音波検査を必ず行うことにより、当院では自然な状態での排卵日の予測が可能となりました。最新機器によってホルモン検査の結果は約45分で確認でき、そのデータをもとに最適な治療方針を立てることができます。
また、患者様のからだへの負担や痛みをできるだけ軽減するため、採卵時に使用する針や胚移植時に使うカテーテルを独自開発し、採卵針の先端部分には痛みを抑える工夫をすることで、出血量の軽減と痛みを和らげ、通常麻酔が必要な採卵も無麻酔で行うことを可能にしました。

出典元:加藤レディスクリニックHP

 

とても素敵な治療理念ですね。
ぜひ元気な赤ちゃんを産んでほしいですね。


スポンサーリンク





保田圭さんの飲んでいた妊活葉酸サプリをチェック♪
↓↓↓↓