メゾンドポリスの結末は?原作小説のネタバレあらすじを紹介

SPONSORED


2019年1月期ドラマ『メゾンドポリス』

高畑充希さん主演、西島秀俊さんや小日向文世さんなど

豪華なキャストとちょっと変わった設定が話題のドラマです。

 

そんなメゾンドポリスには原作小説があります。

ペンギン君
そこで、原作小説の結末はどうなっているかご紹介します。
うさぎさん
もちろん、ネタバレやあらすじもお伝えするのでお楽しみに♪

小説とドラマの違いを読み比べると、より楽しめますし、

小説の大事なシーンがドラマでどう描かれるか注目できますよね。

スポンサードリンク


 

メゾンドポリスの原作小説のあらすじ


メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス【電子書籍】[ 加藤 実秋 ]

 

メゾンドポリスの魅力は

キャラの濃いおじさま達といっても過言ではありません。


柳町北署の新人刑事である牧野ひよりは

念願の刑事課に配属されて2年目が経ち、やる気に満ち溢れていました。

 

そんなある日、人が焼かれる動画が

投稿サイトにアップされるという恐ろしい事件が発生します。

 

捜査本部は、この事件を

5年前に起きた「デスダンス事件」

名付けられた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始します。

 

ひよりは事件の手がかりを探るべく

「デスダンス事件」を担当していた元刑事の夏目惣一郎から

話を聞くために高級住宅街にある古びた洋館を訪れます。

うさぎさん
ここまでがあらすじです。

スポンサードリンク


メゾンドポリスの原作小説のネタバレ


メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視【電子書籍】[ 加藤 実秋 ]

 

ひよりが訪れた洋館にいたのは、おじさまたちでした。

館のオーナーで元警察庁のキャリア・伊達有嗣、

ジャージ姿で新聞を読む元所轄の熱血・刑事迫田保、

キザな口調でひよりに近寄ってくる元科学捜査のプロ・藤堂雅人、

家事全般を担当する元警務課勤務・高平厚彦、

高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目惣一郎

このようなメンバーのおじさまたちが暮らしていました。

 

ペンギン君

洋館は、元警察官の凄腕のおじさまばかりが

共同生活を送るシェアハウスだったんだね。

 

 

ひよりは夏目に「デスダンス事件」の話を聞きにきましたが、

当の夏目は口を割ろうとせず、

なんと藤堂や迫田のペースで事が進んでいきます。

 

元警察官とはいえ、今では一般人のおじさまたちが

捜査に介入しようとすることにひよりは慌ててしまいますが、

「上には私が一声かけておきましょう」

という伊達の一言で話は進んでいってしまいます。

 

こうしてひよりとおじさまたちの

不思議な捜査会議が始まるのでした。

 

老眼やら腰痛、高血圧で問題を抱えつつも

捜査の腕は超一流のくせ者おじさまたちと一緒に

ひよりは事件を追っていくことになります。

ペンギン君

ここまでがメゾンドポリス原作小説の

ネタバレストーリーです。

スポンサードリンク


 

ネタバレでもわかるように、

メゾンドポリスのおじさまたちのキャラがいい味を出して

ストーリーや事件を結末に進めていく感じですよね。

メゾンドポリスの結末は?


メゾンドポリスの原作小説は

まだ続いているので結末を迎えていませんが、

小説は1話完結という形式で進んでいます。

 

メゾンドポリスのドラマも

原作小説と同じように細かく区切って

何回か事件を結末に導きながら

ドラマオリジナルの結末になるかもしれませんね。

 

メゾンドポリスのおじさまたちが、

物語のカギを握っているので、

新人のひよりをどうやって結末に導いていくのか気になりますよね。

うさぎさん
ドラマの結末がわかり次第、追記していきたいと思います。

 

まとめ

 

メゾンドポリス原作小説のあらすじやネタバレについてご紹介しました。

まだ連載中の小説なので、小説では結末を迎えていませんが、

ドラマの結末と見比べながら小説を見るのも面白そうですね!

キャラの濃いおじさまたちの活躍からも目が離せなさそうですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA