この世界の片隅にのネタバレ!すみちゃんのその後は?

スポンサードリンク


ドラマ「この世界の片隅に」

 

たくさんの魅力的なキャラクターがたくさん登場しますが、

その中でも主人公のすずと仲が良かった

妹のすみちゃんは忘れてはいけない人物ですよね。

 

ドラマでも久保田紗友さんが演じていて、注目されています。

ペンギン君

そんな、すみちゃんの腕についてしまったアザや、

すみちゃんのその後

についてネタバレありでご紹介します。

この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

スポンサードリンク


この世界の片隅にのネタバレ!すみちゃんの腕のアザはなぜ?

この世界の片隅にのネタバレ・あらすじ!すみちゃんのその後は?

 

この世界の片隅にのすみちゃんの

腕についたアザについてネタバレありで、まとめてみました。

 

すみちゃんの腕についたアザというのは

原爆症という原爆の放射能で受けてしまう被爆が原因です。

 

すぐ発症する人もいれば、

何十年後かに発症する人もいますし、

命を落としてしまう人もいます。

 

命は落とさなかったとしても、

ずっとその症状と付き合っていく人もいます。

 

どうして、すみちゃんが原爆症になったのでしょうか?

 

広島に原爆が投下された時、

すみちゃんとお父さんは、爆心地とは別の場所にいました。

しかし、お母さんは爆心地にいたんです。

 

そこで、行方不明になったお母さんを探すために

すみちゃんとお父さんは爆心地へと向かったんですね。

その時にすみちゃんとお父さんは入市被爆してしまったのです。

 

そしてその約2ヵ月後、

お父さんはなくなってしまいます。

 

では、

すみちゃんは、その後どうなったのでしょうか?

ペンギン君

「すみちゃんのその後」をネタバレありで、まとめてみました。

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

スポンサードリンク


この世界の片隅にのネタバレ!すみちゃんのその後は?

この世界の片隅にのネタバレ・あらすじ!すみちゃんのその後は?

 

それでは、「この世界の片隅に」の

「すみちゃんのその後」についてこちらもネタバレありでご紹介します。

 

すみちゃんとお父さんが、探したものの、お母さんは見つかりませんでした。

 

お父さんの死後、すみちゃんは親戚のいる

草津に移ります。

 

ここははっきりとは描かれていませんが、

おそらく、

お母さんが帰ってくるかもしれないと信じて家で待っていたいすみちゃんを

親戚が草津で一緒に暮らすように提案したんだと思います。

 

爆心地にいたお母さんが生きている可能性は

とても低くいのですが、

それを信じ切れないで帰りを待つすみちゃんを想像すると辛いですよね。

 

草津で生活をしながらだんだんと

すみちゃんは体力が落ちてきます。

そんなすみちゃんのお見舞いを兼ねて、すずが訪ねます。

 

この二人のシーンは、とてもほのぼのとしていて

二人が子どもの頃に戻ったように話しています。

すみちゃんの体を蝕む原爆症が嘘のようです。

 

しかしそのシーンの後、

すみちゃんは「この世界の片隅に」のストーリーにでてきません。

 

もしかしたらどんどんと体力が落ちて

命を落としてしまったのかもしれませんし、

回復して草津で元気に過ごすことができたのかもしれません。

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

 

できることなら回復して

幸せに生活していてほしいですね。

スポンサードリンク


この世界の片隅にのあらすじ

この世界の片隅にのネタバレ・あらすじ、すみちゃんのその後は?

 

最後に、「この世界の片隅に」の

あらすじ(ネタバレ)についてまとめました!

 

結末までは書きませんが、

ネタバレも少しありながらご紹介します。

 

【この世界の片隅にのあらすじ(ネタバレ)】

 

今回注目した登場人物のすみちゃんの姉である主人公すず。

絵を書くのが得意で

いつも夢中になって書いているような女の子です。

 

ある日、周作という少年が、

父親と一緒にすずの実家にやって来ます。

 

小さい頃にすずと出会ったことがあり、

一目惚れしたのでお嫁にきてほしいとのこと。

すずは乗り気ではありませんでしたが、

周りから勧められて周作の家に嫁ぐことになりました。

 

戦時中なので裕福な生活はできないものの

周作の優しい父親と母親と4人で

仲良く過ごしていたすずですが戦争は激しくなる一方です。

 

そんな生活の中、

建物疎開をきっかけにして嫁ぎ先から帰ってきた

周作の姉径子と娘の晴美も入れて6人での生活が始まります。

 

その時、晴美を連れて出かけていたすずは空襲にあい、

時限爆弾を受けてしまいます。

晴美は命を落とし、すずは右腕を失くしてしまいます。

 

径子に責められ、さらに右腕がないことで絵も描けず、

晴美を亡くしてしまったことで自暴自棄になるすずでしたが、

それでもひたむきに生きていくストーリーです。

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

まとめ

 

「この世界の片隅に」のすみちゃんの

腕のアザや、その後についてネタバレありでご紹介しました。

戦争が終わったからといって全部が終わったわけでは

ないということがすみちゃんや

お父さんお母さんから分かりますね。

【関連記事:この世界の片隅にの原作漫画を無料で読む方法はここをクリック

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA