あなたには渡さないの原作「隠れ菊」のネタバレ!結末は?

SPONSORED


2018年10月スタート土曜ナイトドラマ

「あなたには渡さない」

 

壮絶な愛憎バトルドラマと言われていますが

ただのドロドロドラマではないんです。

 

普通の主婦だった主人公が

夫の愛人や逆境と戦いながら強く生きていくストーリーなんです。

 

そんな「あなたには渡さない」には原作があります。

「隠れ菊」という小説で何回もドラマ化されている人気作品なんです。

その「隠れ菊」を現代風にしたのが

今回の「あなたには渡さない」なんですね。

ペンギン君

今回は、原作の「隠れ菊」のあらすじやネタバレ、

結末をまとめました。

うさぎさん
ドラマとの共通点や違う点なんかを見比べると面白いですよ。

【関連記事】

隠れ菊のドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

あなたには渡さないのドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

スポンサードリンク


あなたには渡さないの原作「隠れ菊」のあらすじ

かなりドロドロとした複雑なストーリーの「あなたには渡さない」

その原作「隠れ菊」ですが、

主人公の女性が強く変わっていくきっかけは、何なのか気になりますよね。

うさぎさん
あらすじではそんな主人公が変わるきっかけをご紹介します。

【あなたには渡さないの原作「隠れ菊」のあらすじ】

 

上島通子は昭和から続く料亭『花ずみ』に嫁ぎました。

亡くなった先代女将キクから「家庭を守るのが仕事だから」と言われ、

料亭から遠ざけられていました。

 

2人の子を育てながら17年間、主婦として

平凡な毎日を過ごしていた通子の元に、

夫である旬平の愛人を名乗る女性・矢萩多衣が現れます。

 

なんと多衣は旬平の署名入りの離婚届まで持参しているのです。

通子がサインをしれば離婚ができる状態なんですね。

 

通子は旬平に離婚届のかわりに

『花ずみ』の女将をやらせてもらう、という条件を出します。

 

しかし、その『花ずみ』は通子の知らないところで

多額の負債を抱えていて倒産寸前だったんです。

 

そこで通子は多衣からお金を借り、

自分を裏切った夫を板前に雇って

自分に思いを寄せるゼネコン会社社長の笠井の協力で

新生『花ずみ』を誕生させたのでした。

 

ペンギン君
あらすじから、かなり波乱を含んだ展開ですよね。

あなたには渡さないのドラマでも似たような設定になると思いますが

どうやって現代風にしながら

原作「隠れ菊」に近づけるのか気になりますね。

【関連記事】

隠れ菊のドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

あなたには渡さないのドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

スポンサードリンク


うさぎさん
続いては 「あなたには渡さない」の原作「隠れ菊」のネタバレになります。

あなたには渡さないの原作「隠れ菊」のネタバレ

あなたには渡さないの原作「隠れ菊」のネタバレ!結末は?

 

ドラマ「あなたには渡さない」の原作「隠れ菊」の

あらすじも衝撃的でしたが、

ネタバレ部分も女の思惑が渦巻く感じで結構衝撃的です。

 

ペンギン君

それでは、 あなたには渡さないの原作「隠れ菊」の

ネタバレです。

 

【あなたには渡さないの原作「隠れ菊」のネタバレ】

 

多衣からすると略奪した男を

元妻のところで働かせるなんて不安ですよね。

 

それでも多衣が通子の提案を了承したのは、

花ずみの倒産で旬平が腑抜けてしまったからなんです。

 

旬平をしっかりさせるには、

料理の腕をふるえる新しい場を与えることがベストだと思ったからなのです。

 

でもそれを自分が与えると、雇う側と雇われる側という

旬平と対等な立場ではなくなってしまいます。

だから多衣は通子からの提案を飲んだんですね。

 

そして、旬平が腕をふるう場を作るために必要なお金として、

多衣は身を削って通子にお金を貸すことにしたんです。

 

ここから、通子と多衣の

相手に見えないところで相手に犠牲を払って、

心の中で恩をきせて優越感に浸るという争いが巻き起こります。

ドラマではこういった心の描写が

どういう感じで表現されるのかが重要になりそうですね。

うさぎさん

ここまでが ドラマ「あなたには渡さない」の原作「隠れ菊」のネタバレになります。

【関連記事】

隠れ菊のドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

あなたには渡さないのドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

スポンサードリンク


あらすじだけでもドロドロとした感じでしたが

ネタバレ部分でも目には見えない、女と女の争いが激化してゆきます。

通子、多衣、旬平の関係の結末はどうなるのでしょうか?

ペンギン君
次はあなたには渡さないの原作「隠れ菊」の結末です。

あなたには渡さないの原作「隠れ菊」の結末は?

あなたには渡さないの原作「隠れ菊」のネタバレ!結末は?

 

あなたには渡さないの原作「隠れ菊」は

どんな結末を迎えるのでしょうか?

 

【あなたには渡さないの原作「隠れ菊」の結末】

 

先代の女将であるキクが生前に

政治家の汚職事件の証拠隠滅を手伝っていたことが発覚したり

事件が起こりつつも、旬平は元妻の通子の元へ戻ってきました。

 

そして多衣のほうも旬平に離婚届を残して

若い板前の矢場と姿を消してしまうのです。

 

こういうストーリーにはいい結末や

悪い結末はないと思いますが、驚きの結末ではありますよね。

通子は旬平への思いが捨てきれなかったんですね。

さらに突然現れた多衣も別の男性と駆け落ちみたいな状態に。

最後まで気の抜けない結末です。

【関連記事】

隠れ菊のドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

あなたには渡さないのドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

 

まとめ

 

「隠れ菊」のあらすじとネタバレ、結末をご紹介しました。

ドラマ「あなたには渡さない」では

現代風にしつつ、原作の雰囲気をどれだけ表現しているかに注目しています。

【関連記事】

隠れ菊のドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

あなたには渡さないのドラマ動画を無料で観るにはコチラをクリック

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA