金田一37歳の事件簿2話ネタバレ!無料で読む方法も

SPONSORED


金田一37歳の事件簿の2話のネタバレです。

約20年前に堂本剛さんでドラマ化もされた人気シリーズ「金田一少年の事件簿」の大人版です。

あらすじ感想です!

金田一37歳の事件簿って、
先を読んでいるうちに、前に戻って確認したくなりますよね。

ここでは、無料キャンペーンを利用して、漫画をお得に読む方法もご紹介します。

今すぐ金田一37歳の事件簿を無料で読むにはここをクリック

スポンサードリンク


金田一37歳の事件簿1話おさらい

 

過去3度にわたって殺人事件の舞台となった歌島。

なんの因果か、金田一一の勤めるPR会社がそこで婚活ツアーを開催するため、

部下と同行することになった金田一一。

参加者は、個性的な面々。

そして歌島で今回も殺人を目論む人物がいる模様。

どうなる金田一一

 

【関連記事:金田一37歳の事件簿1話ネタバレやあらすじ感想まとめ!堂本剛で実写化?

 

金田一37歳の事件簿2話ネタバレ

金田一37歳の事件簿2話ネタバレと無料で読む方法!あらすじ感想も

名探偵金田一耕助の孫として数々の殺人事件を解決していた高校時代から、

20年の月日が過ぎた。

金田一一(きんだいち)は、37歳のサラリーマンとなっていました。

勤務先は音羽ブラックPR会社。

そこで婚活ツアーを開催することになり、

金田一一は、部下の葉山まりん(23)と同行することになりました。

その婚活ツアーの開催場所は、なんと歌島!

歌島といえば、

かつて3度にわたって、殺人事件が起きたいわくつきの島でした。

嫌な予感のするはじめをよそに、葉山まりんは、リゾート気分でノリノリ。

 

歌島につくと、

婚活ツアー参加者のある男性

 

「迎えはどうした!まさかあのホテルまで歩かせる気じゃなかろうな!」

 

とクレーム。すかさず葉山まりんが、

「シャトルバスが到着次第ご案内します」

とフォロー。

そこへ、別の男性

「君も合コンに参加しないの?」と加わってきた。

葉山まりんはスタッフでサポート役であると聞くと

「一番若そうなのになぁ」

と残念そう。

そういって、葉山まりんに名刺を渡す。

今度はそこに、ある女性が話に加わってくる。

 

スポンサードリンク


移動のシャトルバスの中。

 

ある男性と女性が会話をしている。

「趣味は演劇で舞台にも立ったりしています。でも団員はオジサンばかりで…」

 

別のところでは、

別の男女が歓談中。

「人のお世話をするのが好きで趣味は料理なんですよ。でも作ってあげる人もいないし…」

 

金田一一が婚活ツアーのルールを説明。

 

「女性側から連絡先を伝えたり名刺を渡したりすることは

ツアー期間中はご遠慮ください」

 

 

ある男性参加者が

 

「君的にはどのこが一番スペックが高いの?」

「年もわかんないんじゃババならぬBBAつかまされる可能性もあるわけで!」

 

と話しかけてくる。

 

金田一一が困っていると、葉山まりんが

「よろしければおひとりで退屈されている方に、

こちらのワインをすすめていただけますか?」

と助け船を出す。

するとその男性は、

2人の女性にワインをすすめて一緒に飲みだした。

 

葉山まりんに二人でお酒を飲もうと誘われた金田一だったが・・・

 

その後、宴もたけなわになり、金田一一が司会を始める。

 

「ときめきタイムのお時間です。

気になる方・二人でゆっくり話してみたい方の名前をカードに書いていただき、こちらで回収します。

カードはしばらく、この箱に入れておきます。

カードに書ける名前はひとりだけです。

スタッフの名前もダメ」

 

さらに、金田一一は、このあとの肝試しイベントについても続ける。

すると、ある男性が、

 

「この島にはオペラ座という古い洋館があって、

20年前3度にわたって連続殺人事件がおこったらしいんだ。

「オペラ座の怪人」に登場するファントムを名乗る殺人鬼が

人を殺しまくったって話だ」

 

ざわつきだす参加者たち。

 

そして、それを横目にある人物がおそろしい計画を企て――。

ペンギン君
詳しい内容は、漫画を読んでね♪

金田一37歳の事件簿を無料で読む方法はここをクリック

金田一37歳の事件簿2話の感想

 

まとめ

 

第2話のあらすじ・ネタバレでした。

 

金田一37歳の事件簿は、

無料キャンペーンを利用して、漫画をお得に読む方法があります。

2通りの方法があるので、下をクリックして、便利に活用してくださいね♪

金田一37歳の事件簿を無料で読む方法2つを徹底比較!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA