岸和田だんじり祭2019の試験曳きコースと時間は?

勇ましく駆け抜けるお祭り「岸和田だんじり祭り」

 

実は、岸和田だんじり祭りは、

本番前に、試験曳きというものがあります。

試験曳きは、だんじりを動かして、異常がないかを確かめる日です。

 

そのため、本番さながらの迫力で、

動くだんじりを見ることができるんですよ。

本番さながらということは、もちろん試験曳きコースがあるんです。

時間は、本番よりも短いので、お祭り当日よりも混雑は緩やかです。

ペンギン君

そこで岸和田だんじり祭りの

試験曳きコースや試験曳きの時間についてご紹介します。




岸和田だんじり祭の試験曳きの日程と時間

岸和田だんじり祭2018の試験曳きコースと時間は?

 

岸和田だんじり祭りは、あまり知られていませんが、実は2回あります。

 

1つ目は、9月祭礼

こちらは、海側で行われていて、

観光客も多くテレビなどでよく見かけるものです。

 

そして2つ目は、10月祭礼

こちらは、山側で行われる地元の人向けのお祭りです。

 

場所柄や観客席などから

初心者が行きやすいのは9月祭礼のほうだといわれていますので、

ここでは、

9月祭礼の岸和田だんじり祭りの試験曳きについてご紹介しますね。

 

岸和田だんじり祭の試験曳きの日程はこちらです。

9月8日(日曜日)
9月13日(金曜日)
午後2時~午後4時

 

ペンギン君

試験曳きの時間って2時間しかないけど

本当に本番と同じぐらいの迫力を見られるのかな?

うさぎさん
心配無用だよ。

試験曳きの動画を見てもらえば、その迫力がわかるよ!

だんじりが、試験曳きコースを走っている姿は

お祭り当日のものみたいですよね。

こんな迫力あるだんじりの走りが、本番でなくても見れるんです。




岸和田だんじり祭の試験曳きコースは?

岸和田だんじり祭2018の試験曳きコースと時間は?

 

岸和田だんじり祭りの

試験曳きが見られる試験曳きコースをご紹介します。

 

試験曳きコースと

岸和田だんじり祭り当日のコースは一緒なんです。

 

そのため、当日のコースを試験曳きコースとしてご紹介します。

https://kishibura.jp/pdf/29kishiwada_danjiri_map.pdf

 

この広いエリアをだんじりが駆け抜けていくんですね。

時間は短くなりますが、

お祭り当日のコースを走るだんじりを見れるなんてお得な感じになりますね。

 

岸和田だんじり祭の試験曳きコースのおすすめスポット

ペンギン君

試験曳きコースはわかったけど、

岸和田だんじり祭ならではの

迫力や見どころを押さえられる試験曳きコースの場所も知りたいな。

だんじりの迫力を感じられる

試験曳きコースのおすすめスポットをご紹介します。

 

おすすめスポット①

 

『カンカン場』

だんじりのやりまわしが見られる場所として

有名なのがカンカン場です。

毎年、有料席も設置されるぐらい

迫力を感じられる人気スポットです。

 

試験曳きコースのマップにも

カンカン場として書かれているので探しやすいですね。




おすすめスポット②

 

『武部佛だん店前』

住所:大阪府岸和田市北町16−23

 

十字路になっているので

やりまわしが見放題の場所です!

 

おすすめスポット③

 

『仏壇のシメノ付近』

住所:大阪府岸和田市本町2−3

ここで見られるのは

S字カーブを走るだんじりです!

やりまわしでは、一方向に曲がる姿を見れますが、

S字カーブでは左右に素早く曲がる

見事なだんじりを見ることができます。




 

そしてだんじりの魅力は

動いているところだけじゃないんです。

だんじりを飾る彫刻も見どころなんです。

 

他のお祭りでみる山車やお神輿は

飾り金具や幕などで飾られていることが多いと思います。

 

ですが、だんじりは、飾りよりも彫刻をメインにしているんです。

しかもその彫刻は漆や金箔が塗られていなくて

木目をいかすように彫られているんですね。

 

うさぎさん

木目を生かして彫られた彫刻はとても細かくて、

じっくりと見たくなるね。

まとめ

 

岸和田だんじり祭り

試験曳きコース見どころ時間をご紹介しました。

お祭り当日よりも少し混雑は

落ち着いているのでだんじりの動きや彫刻を間近れ見れそうですね。




あわせて読みたい記事

岸和田だんじり祭2018の試験曳きでの交通規制と駐車場情報まとめ

岸和田だんじり祭2018の交通規制や駐車場情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA