横浜開港祭2018バザーや屋台のおすすめは?

スポンサードリンク

横浜開港祭の時期に開催されるバザー。

横浜開港祭は2日間なのに対して、バザーは1週間もあります。

 

バザーといっても、

植木市やご当地グルメなど、その種類は豊富です。

 

そして、

お祭りの楽しみの一つである屋台も、

たくさん出ていて、盛り上がります。

ペンギン君

今回はそんな、

横浜開港祭バザーや屋台のおすすめをご紹介します!

スポンサードリンク


横浜開港祭2018バザーの日程と場所

横浜開港祭2018バザーや屋台のおすすめは?

 

横浜開港を記念して始まった横浜開港祭。

そのバザーの始まりは1920年(大正9年)。

ペンギン君

約100年前なんだね!

うさぎさん

・・・てことは、

2020年で100周年になるんだね!すごい!

 

では、そんな歴史ある横浜開港祭バザーの2018年の日程と場所です。

 

横浜開港祭バザー2018

開催日程:2018年5月29日(火)~6月4日(月)

時間:午前10時~午後7時

場所:横浜公園

住所:神奈川県横浜市中区

 

地図はこちら↓

うさぎさん
海風の香る、いい場所にあるよね、横浜公園って♪

スポンサードリンク


横浜開港祭2018バザーや屋台のおすすめは?

 

横浜開港祭バザーのおすすめは、

植木市です。

ペンギン君

横浜開港祭バザーで植木市が開かれているのを見かけると、

今年も夏が近づいてきたなぁって思うな♪

 

植木市目当てで来場する方も多いようです。

 

スポンサードリンク


そして、忘れてはいけないのがご当地グルメ!

これも超おすすめです!

 

屋台のような感じで、ご当地グルメが出展されるんですよ♪

 

復興支援セットって、素敵!

これぞバザーの醍醐味ですよね♪

 

そして、

三陸の海の幸も出品されます!

うさぎさん
これは、ぜひとも行かなくちゃね♪

まとめ

 

いかがでしたか?

横浜開港祭に合わせて開催されるバザー。

ここでは、植木市やご当地グルメなどもおすすめですが、

ライブやパフォーマンスもすごいんですよ(^^)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA