日焼け止めスプレーを飛行機(国際線・国内線)に機内持ち込みできる?

日焼け止めスプレーは、旅行に行く方にとって必需品ともいえますよね。

 

また、紫外線から大切な肌を守るには頻繁に塗りなおす必要があります。

できれば、いつも愛用しているものを持っていきたいですよね。

なので、飛行機の機内にも,

日焼け止めスプレーを持ち込むことが可能であるのか気になりますよね。

 

そこで、

国際線・国内線にわけて

最近の厳しくなった機内持ち込み検査に日焼け止めスプレーが通過できるのか調べてみました。

スポンサードリンク


日焼け止めスプレーを国内線に機内持ち込みできる?

日焼け止めスプレーを飛行機(国際線・国内線)に機内持ち込みできる?

 

最近、国内線の飛行機への機内持ち込み検査が厳しくなってきましたよね。

そうなると、日焼け止めスプレーが持ち込みできるか気になりますよね。

 

まず、前提として日焼け止めスプレーは、液体と同じ扱いとなります。

 

そのため、日焼け止めスプレーが機内持ち込みできるかは、

液体の機内持ち込み条件をみたせば大丈夫ということになります。

ペンギン君
なるほど!

 

では、その条件とは?

 

JAL、ANA、スカイマークの条件は同じで次のようになっています。

 

・1容器500ミリリットル以下

・1人当たり2キロまたは2リットルまで

 

Air Doはこのような制限はありませんでした。

スポンサードリンク


 

ちなみに、飛行機の機内持ち込み検査のに、

空港内で買った商品に関しては、このような規制はありません。

 

 

うさぎさん

といっても、

国内線だと日焼け止めスプレーって機内持ち込み検査のあとのショップで見ないような気がするなぁ。

 

 

日焼け止めスプレーを国際線に機内持ち込みできる?

日焼け止めスプレーを飛行機(国際線・国内線)に機内持ち込みできる?

 

旅行に行く時の必需品である日焼け止めスプレー

南国に限らず海外には、

使い慣れた日本の日焼け止めスプレーを持っていきたいですよね^^

 

液体による爆発物がテロに使われてから一層、

国際線の飛行機の機内持ち込みの検査が厳しくなりましたが、どうでしょうか。

 

先に答えを言ってしまうと、ある条件をみたせば機内持ち込みできます!

 

では、その条件とはなんでしょうか?

 

機内持ち込みできる条件は次のようになります。

 

・100ml(g)以下の容器に入っている

・透明のプラスチック製の袋に余裕をもって入れる

・容量1リットル以下

・ジッパーがついていて開閉が可能

・縦20cm以下×横20cm×幅20㎝以下&マチなし

・1人1袋のみ

 

1人1袋のみなので、

化粧水やクリームなど他の化粧品を飛行機の機内に持ち込みたい場合は、

一緒に袋に入るかどうかなども考える必要がありそうです。

 

透明プラスチック製の袋は自分で用意しないといけませんが、

もし、忘れてしまったとしても空港のショップでも買えるようです。

 

スポンサードリンク


 

ペンギン君

国際線と国内線を比べると、

国際線は一段と複雑になった印象だね

 

ちなみに、国際線の場合も国内線と同様に、

飛行機の機内持ち込み検査の後に買った日焼け止めスプレーには制限はありません。

 

まとめ

今回は、日焼け止めスプレーを、

飛行機(国内線・国際線)に機内持ち込みできるかについてご紹介しました。

条件をみたせば、

いつも愛用している日焼け止めスプレーを持っていくことができますよ。

決まりを守って大切なお肌を守りながら楽しく旅行に出かけましょう♪

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA