金田一37歳の事件簿3話ネタバレ!あらすじ感想も

金田一37歳の事件簿の3話のネタバレ・あらすじです。

「金田一少年の事件簿」の大人版として、

あの人気シリーズが帰ってきました!

あらすじ感想をご紹介したいと思います。

すぐに「金田一37歳の事件簿」を読みたい方⇒金田一37歳の事件簿を読む♪

漫画雑誌イブニングで連載中です。

イブニングは、

「ebook japan」に登録すればすぐに読めちゃいます!⇒金田一37歳の事件簿を読む♪

金田一37歳の事件簿3話を読む
↓↓↓↓

スポンサードリンク


金田一37歳の事件簿これまでのおさらい

 

詳しい記事はこちらから↓↓↓

 

1話のネタバレ:

金田一37歳の事件簿1話ネタバレやあらすじ感想まとめ!堂本剛で実写化?

2話のネタバレ:

金田一37歳の事件簿2話ネタバレと無料で読む方法!あらすじ感想も

 

金田一37歳の事件簿3話ネタバレ

金田一37歳の事件簿3話ネタバレと無料で読む方法!あらすじ感想も

金田一37歳の事件簿を読む♪

↓↓↓

 

前回、第2話は、

肝試しのペアをきめるカードの説明を金田一がしたところで終わりました。

 

 

ツアーに参加中の女性たちが互いに言い合いっこをしています。

 

 

金田一は、

トイレへ行こうとするある女性参加者と、

それを連れて行ってあげようとする、ある男性参加者がもめている光景を目撃します。

結局、

「1人で行けますので!!」

と一人でトイレへ向かいました。

 

しばらくディナーパーティが続いた後、

金田一一が肝試しのルールを説明しようとする。

そのとき、ある男性参加者がトイレに行っていていませんでしたが、

その人にはあとで説明することにして、

ルール説明を始める金田一一。

 

カードの名前を参考に、男女のペアになって

渡した図面にそって、二人ずつ、庭園を歩き、

チャペルの中にある十字架の前の祭壇に進んで、

そこに主催者が用意した一輪のバラを置いてもらいますー

 

と言い終わるや否や、

オペラ座の怪人のテーマ曲がどこからか響き渡ります。

オーディオルームでなっているという冬木。

 

みんなでオーディオルームへむかいます。

ところが、

部屋の前につくと、音楽は鳴りやみ、

部屋に入ってみると、

窓が開いていて、そこには誰もいませんでした。

CDのトレイはあいたまま。

 

「誰かのいたずらかしら?」とある女性参加者

 

そこへ

「どうしたの?何の騒ぎ?」

とある男性参加者がやってきます。

金田一が、その人にここでCDを聴いていたか聴いてみるものの、

トイレに行っていただけだと答えます。

 

 

窓から外へ出たという意見も出るが、窓の外の下は崖なのでそれはありえない・・・

 

金田一は

「誰かのいたずらでしょう。

なんでもないのでパーティ会場へ戻りましょう」

とみんなを元の部屋に戻す。

 

 

ペンギン君
誰が何のために、CDをかけて止めたんだろう??
うさぎさん
それも犯人になんかたくらみがあるのかな?

 

パーティ会場に戻り、

肝試しのペアを発表していきます。

 

 

一緒のペアになったある組のふたりが、

さっきもめていたはずなのに、

 

仲のよさそうな会話をしていて不思議な感じのする金田一。

 

 

 

 

肝試しは午後9時からガーデンテラスのマリア像の下に集合。

主催者の用意した花をもってチャペルへ向かい、

灯りは配られるペンライトひとつ。

 

ところが2組目の女性がまだきていないため、

ペアの男性は後ろに回ることになった。

 

さっそく1組目を脅かそうと、恐怖マスクをかぶる金田一。

祭壇にちかづく二人のうしろからそっと近づいていると・・・・

 

ぎゃああああああああ

 

まだ脅かしていないのに、悲鳴が聞こえる。

 

するとそこにはある女性参加者が倒れていたー

スポンサードリンク


金田一37歳の事件簿3話の感想

 

金田一の後輩の葉山まりんが犯人説と、殺される説が出ているようです。

たしかに、葉山まりんは、この物語のキーパーソンの予感がしますよね。

 

金田一37歳の事件簿を無料で読む方法

 

金田一37歳の事件簿は、

漫画雑誌「イブニング」で連載されています!

読むには「イブニング」を買う必要がありますが、

本屋さんやコンビニに行かなくても、スマホでebook japanから購入することができます!

金田一37歳の事件簿を読んでみる♪

下のリンク先からイブニングを読む♪

↓↓↓↓

スポンサードリンク


あわせて読みたい記事

金田一37歳の事件簿6話ネタバレと無料で読む方法!あらすじ感想も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA