塩尻和也(順天堂)八王子で自己ベスト更新!箱根駅伝2018へ

SPONSORED


順天堂大学の塩尻和也さんは、学生長距離界の最速とよばれる存在です。

それを決定づけたのが2017年11月に八王子ロングディスタンスでの記録。

この記録は塩尻和也(順天堂)選手の自己ベスト更新というだけでなく、

日本学生歴代4位でした!

この勢いのまま箱根駅伝2018で2区の区間賞を狙います!

スポンサーリンク



塩尻和也プロフィール

 

名前:塩尻 和也(しおじり かずや)

生年月日:1996年11月8日

出身地:群馬県伊勢崎市

学歴:群馬県立伊勢崎清明高校→順天堂大学スポーツ健康科学部に在学中

 

塩尻和也選手やほかの選手の情報をチェック♪
↓↓↓↓↓

八王子ロングディスタンスで自己ベスト更新

スポンサーリンク



2017年11月25日、

箱根駅伝2018の約一か月前であるこの日、

八王子ロングディスタンスが開催されました。

 

そこで、塩尻和也選手は、

なんと、

日本学生歴代4位の成績をたたきだしました。

 

1万mで、27分47秒87

 

もちろん、塩尻和也選手の自己ベストの更新でもあります。

 

塩尻和也選手は、八王子ロングディスタンスの前に次のように話していました。

 

「(27分台は)出せる感覚はありますね。最初から速いペースで行くのに面食らうことはあるかもしれないけど、それで守りに入ることはないと思います」

 

まさに有言実行!!

 

塩尻和也選手は、前半で突っ込んで、そのままいけるところまで行くのが持ち味。

順天堂大学の長門俊介駅伝監督も、

塩尻和也選手の走りに対して次のように評価しています。

「高校の時の先生も言っていたけど、スタートラインに立った時は不安らしいです。ただ、『バンッ』と号砲が鳴ったらスイッチが入って自分のリズムで走り出す。行けるとこまで行くというのが彼のスタイルなので、前に人がいると抑えられないんです。」

 

この好記録によって、いっきに箱根駅伝2018での2区の区間賞争いに躍り出てきました!

 

箱根駅伝2018で2区の区間賞か?

塩尻和也(順天堂)八王子で自己ベスト更新!箱根駅伝2018へ

現在の箱根駅伝2区の日本人トップは、第75回大会の1時間6分46

これは塩尻和也選手にとっては、

順天堂大学の先輩である三代直樹さんが樹立した記録です。

 

それ以来、実に約20年以上、

この記録は、トップの座を譲りませんでした。

 

ところが、ここにきて、

順天堂大学の後輩である塩尻和也選手が抜く可能性が出てきました!

 

これは、なんとも胸熱の展開ですね!

 

塩尻和也選手は、箱根駅伝2017でも、

1区で15位だった順天堂大学を、

2区の塩尻和也選手が、8人抜き去り、7位になるという好走をしました。

 

このときの2区区間賞を獲得したのは、

神奈川大学の鈴木健吾さんです。

 

はたして箱根駅伝2018の結果はいかに!?


スポンサーリンク



あわせて読みたい記事

箱根駅伝2018コース地図(往路・復路)と通過時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA